能登 一夜干し

奥能登の新鮮な素材に、愛情とひと手間かけて全国へ

日記

いさざ 魦 (シロウオ)

投稿日:

いさざ
細小魚(いささうお)の転訛したもの。細小(小さな)魚(うお)という意味。

いさざとは、白魚(シロウオ、ハゼ科の小魚、5〜6cm)のことです。
いさざは、食通には踊り食いが有名ですが、春告魚とも言われ、春の訪れとともに、
産卵のため能登の河川を遡上してきます。


いさざ
 
 
 
四つ手網を用いるいさざ漁は、穴水町の春の風物詩として親しまれています。
 
 
 

昔ながらのいさざ漁
 
 
 
「いさざ」を食べて、春の訪れを感じませんか?
穴水町では、「春の陣・いさざまつり」(3月20日〜4月20日)用意しています。

 
 
 

 
 
 

いさざフルコース

いさざのおどり喰い
いさざの卵とじ
ハチメ(=メバル)の塩焼き
小バチメの唐揚げ 又は いさざの揚げ物
お刺身(魚)
御飯
いさざのお吸い物
香の物
3,800円(税抜き)各店統一メニュー、統一料金です。

詳しくは
穴水町観光交流課
電話: 0768-52-3790
までお問い合わせ下さい。

 
 
 
 

いさざ躍り食い
 
 
 


 
 
 
違うよ
生きてるいさざを食べるのが躍り食いよ(実は私は苦手です)

+3

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
あなたの応援クリックがサイト更新の励みになります。

食材 人気ブログランキング

-日記

Copyright© 能登 一夜干し , 2021 All Rights Reserved.