能登 一夜干し

奥能登の新鮮な素材に、愛情とひと手間かけて全国へ

日記

カレイ 鰈

投稿日:

体は平たく、両目は、ヌマガレイなどの一部の例外を除き、
原則として体の右側の面に集まっています。
両目のある側を上にして海底に横向きになり、砂や泥に潜るなどして潜んでいます。


カレイ
 
 
 
幼生は目が普通の魚と同様に左右に分かれて付いており、体も平たくないのですが、
成長とともに変態し、目がだんだんと右側に移動していき、体が平たくなり、
また浮き袋がなくなり底生の成体となるのです。
 
 
 

カレイの稚魚
 
 
 
古名は「カラエヒ(カラエイ)」で、これが転じて「カレイ」となった説があります。
「カラエヒ」の「エヒ」は魚のエイのことで、カレイがエイの一種と考えられていたためだそうです。
「カラ」は「枯れる」の意味で、体色が枯れた葉の色に似てるところから考えられました。
漢字「鰈」の右側にも、薄くて平らなといった意味がある「葉」の字が使われています。

 
 
 

能登一夜干し カレイ 旨みがぎゅっ!
 
 
 

 
 
 

カレイの煮付け  美味しそう!
 
 
 

 
 
 

焼き魚でも煮物でも美味しいよ!
 
 
 

+2

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
あなたの応援クリックがサイト更新の励みになります。

食材 人気ブログランキング

-日記

Copyright© 能登 一夜干し , 2021 All Rights Reserved.