能登 一夜干し

奥能登の新鮮な素材に、愛情とひと手間かけて全国へ

日記

カマス 魳

投稿日:

「カマス」の名前は、大きな口が、藁蓆(わらむしろ)で作られた穀物や石炭を入れる袋「叺(かます)」に似ていることに由来します。


 
 
 
釣魚あるいは食用魚として利用され、定置網・延縄などで漁獲される。肉は白身で淡白だが、生では水っぽく柔らかいため、刺身で食べられることは少ないです。ほとんどが干物・塩焼き・から揚げなどに加工されます。
 
 
 

カマスの一夜干し 旨みがぎゅっ!です。
 
 
 
カマスの漢字は、老魚といわれるため、魚へんに「師」の「鰤」という漢字が与えられていましたが、
ブリと同じ漢字になるため、魚へんに「帀」の「魳」の字が使用されました。
また、カマスは狂猛で、集団で小魚を追い立てて食べるところから、「師(いくさ)」の右側を取って「魳」となったという説もあります。

 
 
 

あんなに美味しいのに、狂猛なの!?
 
 
 

+4

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
あなたの応援クリックがサイト更新の励みになります。

食材 人気ブログランキング

-日記

Copyright© 能登 一夜干し , 2021 All Rights Reserved.