能登 一夜干し

奥能登の新鮮な素材に、愛情とひと手間かけて全国へ

日記

波の花 能登

投稿日:

冬の日本海に条件があうと観ることのできる波の花
能登の冬の風物詩として知られている「波の花」は、季節風が強い日、岩に打ち寄せた波が白い泡になって、雪のように舞い海岸を覆います。曽々木海岸や鴨ヶ浦付近が多く見られるポイントです。波の花は、海中に漂う植物性プランクトンの粘液が冬の荒波にもまれて、せっけん状の白い泡を作ったものと言われています(海が汚染されていると泡が作られにくいとされています)。最初は美しい白色ですが、時間が経つにつれて黄色になります。服などに付くと黄色い染みになり取れなくなるので、観光する際にはあまり近寄らないなどの注意が必要です。

 
 
 
海岸が泡風呂みたい!

 
 
 
 波の花を見たい!というベリーアクティブな方は以下を参考にどうぞ。
~波の花発生条件~
1 : 11月下旬~2月頃
2 : 波高4m以上
3 : 風速13m/s以上
4 : 北北西(か北から吹く風)

 
 
 
北陸平地でも雪予報が出ていること
波浪警報が出ていること
 
 
 

 
 
 


波の花が観たいの?物好きねぇ~
 
 
 

めちゃ寒いですよ!

+2

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
あなたの応援クリックがサイト更新の励みになります。

食材 人気ブログランキング

-日記

Copyright© 能登 一夜干し , 2021 All Rights Reserved.